ホーム - 選ばれる理由 - 安全・安心への取り組み
安全・安心への取り組み
SAFETY
皆様の暮らしと経済を支えるべく、365日の店舗配送を実現している中で、安全管理・事故防止・ドライバーの健康管理に真摯に取り組んでおります。
車両設備
全車両に「デジタルタコグラフ」「ドライブレコーダー」「バックアイカメラ」などを標準装備しています。
また先進安全自動車(衝突被害軽減ブレーキ装置・AI搭載通信型ドライブレコーダーなど)につきましても、随時導入しております。
健康管理
当社では、ドライバーの健康管理として睡眠時無呼吸症候群(SAS)、ストレスチェックを定期的に実施しており、人間ドックや脳MRIの受診についても積極的に取り組んでおります。特に健康起因による事故防止のため早期発見を目的として、SASと脳MRIを重点的に実施しています。
安全教育
当社ではドライバーを雇入れた際に、当社安全管理部門による法令に基づく教育を実施しております。また、現場では実車訓練や添乗指導により安全教育をおこなっております。

【ヒヤリ・ハット】
運行中に発生したヒヤリ・ハットを収集・分類し、全営業所にフィードバックをおこない、交通事故防止に努めています。

【救急救命、労災】
大切な従業員の命を守るべく、全拠点にAEDを設置し、定期的に訓練を実施しております。また、労災が発生しない環境を作り、全ての人が、安全を最優先にした作業への意識を図るべく、労災防止教育や、労災事象の共有(朝礼での注意喚起、ポスター掲示)などを行っております。
防災体制
「災害に強い物流会社」を目指し、衛星電話やIP無線の整備、様々な災害やパンデミックを想定した「緊急対策本部訓練」を毎年実施しています。「誰かが運ばないとモノは届かない」という思いから、従業員の安否を最優先し「安否確認サービス」を導入しました。全社員に登録いただき、有事に連絡がとれる仕組みを構築しております。